2011年03月13日

購入予定一覧(本)

時間がない!金がない!
基本は個人メモ。
更新する度トップに来るやっかいな奴っ!


更新休止にしても、このメモが意外に役立つので。
これは、ある程度更新します。

本棚を少々整理したため、リストを調整。


続きを読む
posted by 切羽詰真瑠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 突発的衝動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

やっぱり絵描きにはなれないな

なんていうか、努力すりゃ絵は描けると思うんですよね。
描き方、みたいなサイトはありますし、画材に拘らなければそれほどお金も掛からないですし。
才能は考えないことにしましょう。
才能の証明なんて出来やしませんよ。

それでも絵描きやれる人とやれない人の違いは、描くことを楽しめるかどうかだと思うんですよね。
そりゃ、上手く描けなくて苦しいとかそういうことは有ると思いますけど。
無意識にノートに落書きしちゃうとか、そういう根本的な点で好きなんです、きっと。

自慢でも何でもないですが、私のノート高校時代まで落書き一つ無いですよ。
ノートに落書きするようになったのは大学に入ってから。
それも、絵が描けると良いなと練習をするようになってからでした。
描けると良いなと思ったのも、自分で作ったシナリオでサウンドノベルとかゲームの形にしたかったからでした。
つまり、絵を描きたいから描いたというよりは、作ったものに絵が欲しかったから絵を描いたという感じです。

なので、何というか、絵を描くのは苦痛以外の何者でもなかったです。
描くのは幼い頃から特別好きでもなかったし。
美術の時間は嫌いでしたし。
練習して上手くいかないことも当然そうです。

当時参考にしていたサイトも、結局は「楽しもう」などと書いてあったのですが、元々好きでもない人間はどうすりゃいいんだと頭を抱えた記憶もあります。
同様に、絵の描ける人はどうしてこう直ぐに描き出すかな〜、嫌みなのかな〜、と思うこともしばしば。
でもまあ、最近思うに、描く人って単純に絵を描くことが好きなんですね。

絵描きになること自体は、結構前に諦めたわけですが。
絵描きさんのインタビューとか見て、やっぱり描くこと自体が好きでもなければ続かないのだろうなぁと。
そんなわけで、描くことが好きになれなかった私は、やっぱり絵描きになることは出来ないだろうな。
と、そんな感じで長々と言い訳を書いたわけでした。


でもまあ、キーボード打つのは好きなので。
文章書きとかプログラマーとかは合ってるのかな、と思います。
妄想するのも好きですしね。
問題は、面白いことに拘りがないことでしょうか。
設定と話があればある程度満足する傾向があるので、感情描写が薄く、小説としては致命的な欠陥になりかねないですから……。
まあ、この辺は努力かな。
何か一つ好きな要素があれば、なんだかんだ頑張れそうですし。
逆に、何一つ好きでもないことは、どうやっても頑張れないのかな。と。
posted by 切羽詰真瑠 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

栞を挟み、本を閉じた後、行間を読む。


文字を書く側になって、感想が実に嬉しい。
こんなにも嬉しいのだから、ガンガン感想も含め書くべきだと思うのだが、中々掛けないもので、何故だろうと時々思っていたのだが。
そう、なんていうか。
感想を伝えるのは、ラブレターに近い感覚なんだと。
そんなことを思った。

どんなに相手を褒めたって、相手がそれを受け入れるかは別問題。
嬉しいことと、気持ちを受け入れるのは、まるで無関係だから。

感想が的外れだったらどうしようとか。
上手く感想が書けないとか。
そう言う不安面含めて、感想文がラブレターに近いと言うのは、なんだか凄く納得というか、しっくり来たのでぼやいておく。




面白い小説を読んでると、もう熱中して、続きが早く見たくてしょうがない。
と言うのもあるのだけれど。
かえって、途切れ途切れに休憩を挟むようにしないと読めない様な話を読んでいる方が面白い小説だったりする。
読んでいる最中に、考えることが多いのである。
読みながらその処理が仕切れないために、栞が挟まれ思考がされる。
その考える時間が実に楽しい。

ある意味、それは小説自体の面白さではないのだけれども、小説なんて適当に読んで適当に面白くてもいいし、じっくり読んで解釈を深めても良いし。
要するに好きに楽しめれば良いのだから。
こういう読み方もアリかなぁと思う。

ああ、言い忘れてたけど。
小説の内容と全く違う思考が働いても、その小説の面白みなのだ。




と、ある短篇を読みながら思ったことが上のふたつ。
短篇のくせに、もうなんど読むのを止めていることか!

さて、そろそろ続きを読もうかなぁ。

一応、元の小説とかけ離れた思考は書いてないので、ひょっとしたら何を読んでるか解る人には解るのかも知れない。
ま、答えは書きませんけれど、ね。
posted by 切羽詰真瑠 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

何に向かって、何をするのだろう。

なんかさー。
同人ってなんなんだろうね?

まあ、インフラっぽいのは別にして。
自分で文章書いて、印刷して、貼り付けたり、製本は全部自分。
外注は表紙程度。

で、片や、仕切るだけ。
絵は外注、デザインも専門家、製本は印刷所。
これも同人。


もうなんかさ、同人っていうレベルじゃないじゃない。
食っていけるかっていうと危ういけど、ほぼ確実に利益を出せるわけだし。
それって、どうなの? と。
ま、それ言ったら大手もそうか。
別に大手が悪いとは思わないしなぁ。
利益目的の同人だって悪いとも言えないし。

じゃあ、なんだろう。
動き方がプロジェクト的?
別に同人でそれをやっても良いと思うしなぁ。


結局、羨ましいだけなのかなぁ。
資金力? 人づて? 何が足りないのかも解らないけれど。
どうやっても彼らみたいな真似は出来ないよねぇ。
それに張り合うだけの努力をしたわけでもないしな。
嫌な感情だなぁ。これ。
自己嫌悪しか無いじゃん。
嫉妬に任せて批判っぽいこと言ってるだけの方が楽だわ。

何したいんだろうなぁ。ほんと。
posted by 切羽詰真瑠 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

かたちがないもの

大切なものがあった。

大切さを伝えようと、それに形を付けた。
色を付けて、目立つようにした。
良いところを大きく見せた。
嫌なところを隠してみせた。

大切なそれは、歪なただの醜いだけのものになった。

……形がないから、大切に出来た。

ただ、それだけのこと。


だけど。
誰かの作った大切なそれは、
歪でも、不思議と心が動いたんだ。
醜くても、愛せると思ったんだ。
茶番だと笑いながら、瞳は涙を流していたんだ。

でも。それでも。
やはりそれは、ただ、それだけのこと。
posted by 切羽詰真瑠 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 情緒不安定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

1001

こっちまだ見てる人居るのかなぁ…。
個人用メモだけに取っておくつもりだったけど、どうしようもないときの掃き溜めもこっちに。
正直無視して欲しい。


続きを読む
posted by 切羽詰真瑠 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 情緒不安定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

祝1000記事

そんなわけで、このブログも1000件目の記事です。
区切りが良いので、この辺りでブログの区切りもつけようかと前々から考えていたのですが、ホームページの用意の方で区切りがつけられなかったため、かなり間が空いてしまいました。

そんなわけで、ホームページへリンクをしておきます。

http://ch-kiko.my-sv.net/

時間掛けて要るにもかかわらず、結構粗が目立ちます。
意外と気付いていないので、指摘とかしてくれると助かります。




そんなわけで、活動の場を変えるわけで、こちらのブログは休止となります。
個人用メモとして取っておきたい部分があるので、いきなり消すこともないと思いますが、消すことも考えていないわけではないです。

しかし1000記事かぁ。
一日一記事書いたって、三年弱。
そんなにやってるわけでもないから、三年以上。
なんだかんだ、結構長くやってましたねぇ…。

自分の掃き溜めの様なブログでしたが、それでも付き合ってくれた人がいることに感謝を。
そして、活動の場が変わっても、よろしくお願いします。

では、また。
posted by 切羽詰真瑠 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

その内終わるけれど

なんか、公私ともにやることが一杯で、息切れ気味。

つか、「私」は別にやらなくても良いだろ…とか言えるんだけどね。
ついでに、学校が「公」かというと、それもどうだろう。

そう思うと、結局やりたいことやってるだけだから、忙しいとかそう言うのとは違う気もするけれど。
取り敢えずいろいろやって、時間が足りないと感じてます。




最近こっちで日記を書いていないのは、そのせい。
というと、別でちょこちょこ書いてるし…。
そう言うわけでもないんだよなぁ。

ただまあ。
もうすぐ、こっちのブログを止めるって決めて。
終わりが近づくほどに、ちょっと名残惜しくなってるのかも。
止めると決めたときは、直ぐ消してやる!っていう勢いだったのにね。

何事にも、終わりはあるわけで。
終わりを実感するのは、なんだか寂しいものだ。


中途半端主義は、いつまでも終わらせない主義みたいだけれど。
やっぱり、どこかで終わりは来るんだろうなぁ。
このブログと共に終わるのか、モラトリアムと共に終わるのか、命と共に終わるのか。
でもなんか、終わっちゃうんだろうな。そのうち。


楽しいときは終わって欲しくないけれど。
終わりのない楽しいことなんて無いだろうなぁ。
終わりが設定されて無くても、自分で何か終わりを作る。
だから楽しいんだろうねぇ。


なんか、うだうだと終わらせたくないみたいに長くなりそう。
そんなの詰まらないし、さっさと終わらせよう。
そして始めよう。また終わろう。
繰り返すことは、終わらないかも知れない。


う〜ん。
なんだか締まらないね。
元々、こういう駄文を書きたくて始めたブログだし。
それで良いのかも知れないけれど。
最後まで締まらないのも何だかなぁ。



あ、コレで最後とかじゃないよ。
また次で会いましょう。
posted by 切羽詰真瑠 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

調整中。

体調とか。
レポート・課題の仕上げ具合だとか。
小説の推敲とか仕上げだとか。

取り敢えず、全部調整中って言えるんじゃないかと思う今日この頃。


あんまり先延ばすのも限度があるよなぁ。

と言うわけで絶賛調整中。

結局どこかで区切りをつけなきゃいけないんですよね。
妥協妥協。
中途半端主義っぽくないよねぇ。
妥協するぐらいなら完成させないのに。


まあ、公開が完成じゃない。
っていう感覚でやるのは中途半端かなぁ。


まあ、いろいろやってます。ということで。
具体的には、公開小説を二本ほど追加しようとして、頓挫中。
課題うぜぇ。バイトうぜぇ。
睡魔耐えらんねぇ。
posted by 切羽詰真瑠 at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

熱はあまり高くない

かぜがひどくなりました。

ただ、咽の痛みは引いてるので…。
治りかけの諸症状だと思っています。

少なくとも土曜日までには直しておきたいところ。




なんだか無性にロロナのアトリエがやりたくなってきた…。
アトリエシリーズは今一興味なかったんだけど。
なんだろうねぇ。
無性に面白そうに見えるんだよなぁ。

まあ、どうせ直ぐには出来ないので…。
適当に頃合いを見てやりたいなぁ。




想像以上に怠いので、今日はさっさと寝よう。
治れ。
posted by 切羽詰真瑠 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。