2005年12月04日

否定と肯定、更に変革。

世界は簡単に変わる。
しかし、その簡単なことは、今の私たちにどれだけ難しいことだろう?



愛など洗脳
ただ 互いがどちらが洗脳したかされたかわからない
でも その魔法が解けたら
そのふたりの想いは終わり
どちらか片方が治らなくても
どちらかが終われば消える

そのふたりで互いを高めあうような時は幻想
でももし 魔法が解けても
その時を認めあえるのならば
それは新しい想い

恋など洗脳
ただ 洗脳した方も同じ魔法を受ける
でも その魔法が解けるとき
残るのは一体何?
ふたりに生まれる想いの差異は
偽物でも綺麗なそれを破る

そのふたりで互いに作り上げたそれは偽物
でももし 魔法が解けても
その価値を認めあえるならは
それはふたりの本物

それは新しい想い


世界とは自分の価値観で見る全て物。
故に世界は自分の物である。

だからこそ、価値観で世界は成り立つ。
だからこそ、世界は簡単に変わりるが、変えることは難しい。


ええっとまぁ、恋愛の否定と肯定を同時にして、更にそれと価値観について考えてたらなんかそれっぽい文章ができあがったのでとりあえず。
気にする人がいるとも思えませんが、所詮何も知らない学生からの視点での世界ですので別にスルーしていただくのが一番かと。
加えてテスト前で混乱してる学生ですからw

最後は冷静。
されどこれは混沌。
これが私の中途半端主義。
posted by 切羽詰真瑠 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 情緒不安定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。